エディ・クリーンヘッド・ビンソン(EDDIE “CLEANHEAD” VINSON)

eddie_cleanhead_vinsonライブ・アット・サンディーズ
(LIVE AT SANDY’S)

エディ・クリーンヘッド・ビンソン(EDDIE “CLEANHEAD” VINSON)の「ライブ・アット・サンディーズ」(LIVE AT SANDY’S)です。
●MUSEのオリジナル盤になり、レコード番号はMR-5208です。

パーソネルはアルトサックスとボーカルにエディ・クリーンヘッド・ビンソン、テナーサックスにアーネット・コブとバディ・テイト、ピアノにレイ・ブライアント、ベースにジョージ・デュビビエ、ドラムスにアラン・ドウソンという変則セクステットです。

このレコードは1978年に録音された、「サンディーズ・ジャズ・リバイバル」というコンサートでのライブ盤になります。

収録された6曲中の4曲にビンソンのボーカルがフィーチュアされており、やや枯れ気味ながら野趣溢れる歌唱を聴かせてくれます。一聴したところ粗野にも聴こえますが、ブルース・フィーリングに富むボーカルで、旧き善き時代を思い起こさせるものがあります。

それもそのはずで、ビンソンは1940年代にクーティ・ウィリアムズ楽団に在籍しており、そこでブロークン・トーンを押し出した強烈なブルース唱法を会得したとされ、この程度のボーカルはお手のものなのでした。

その他のメンバーは「MUSE ALLSTARS」とあり、この当時のミューズ常連たちで固めています。テナーがコブとテイトの2本ですが、どちらも逞しいブローが身上のよい味を出しています。ちなみにビンソンも含めてサックス・プレイヤー3人は全てテキサスの出身です。テキサス・トーンなんてのがあるのかなと思わずにいられません。

レイ・ブライアントはご存知のピアニストで、よくスイングするプレイをここでも披露しています。ジョージ・デュビビエはアンダー・レイテッドの最たる人かもしれません。ここでの演奏は堅実ながら独特のトーンを発散させて、非常に快調です。かなり音の大きな人だと私は思うのですが。アラン・ドウソンも知名度は今一つですが、正確なモダン・ドラムでは名手の一人でしょう。彼がバークリーでトニー・ウィリアムズの先生だったことはあまり知られていないようです。

というようなメンバーでの吹き込みですから、一言で言えば「ようスイングしてまっさ」というところで、安心して楽しめるレコードかと思います。

今やMUSEのレコードは中々見つからないのではないでしょうか。再発されるような噂も聞きませんし、レアな1枚になりつつあります。


※このレコード評は、旧き佳き時代とジャズへの想いを込めた音化店主:能登一夫の評文です。







サブコンテンツ

このページの先頭へ