キティ・カレン(KITTY KALLEN)

kitty_kallenイフ・アイ・ギヴ・マイ・ハート・トゥ・ユー
(IF I GIVE MY HEART TO YOU)

キティ・カレン(KITTY KALLEN)の「イフ・アイ・ギヴ・マイ・ハート・トゥ・ユー」(IF I GIVE MY HEART TO YOU)、モノラル仕様です。
●COLUMBIAのオリジナルに近いリイシューのように見えます。レコード番号はCL1409。

パーソネルは不明で、ミルトン・デ・ラグの指揮によるオーケストラがバックを努めています。

このアルバムは1959年に録音されたもので、ハリー・ジェイムス楽団にいた1940年代以降では彼女の代表盤と言えます。

キティ・カレンを紹介する際には「Pretty Kitty Kallen…」というのが決まり文句だったらしく、「可憐なカレン」を的確に示した好アルバムかと思います。

収録曲は、A面に「Need Me」、「Driftwood On The River」、「Always In My Heart」、「Never In A Million Years」、「Because You’re Mine」、「Got A Date With An Angel」の6曲、B面に「If I Give My Heart To You」、「Blues In My Heart」、「That Old Feeling」、「Vaya Con Dios」、「Blue Doll」、「Love Is A Sacred Thing」の6曲の計12曲で、ハイライトはB面、1曲目のタイトル曲である「If I Give My Heart To You」に間違いはなく、当時の全米でかなりのランクまで上昇したヒット曲になります。

キティ・カレンは1922年生まれですから録音当時は37歳だったわけで、いかにもトウが立ちまくった年齢ではあるものの、歌唱を聴いている限りではそういうトウはあまり感じません。相変わらずの可憐で(?)寛いだ歌声を聴かせています。

今やLPではあまり見かけなくなったアルバムで、CDでは「HONKY TONK ANGEL」と安易にカップリングしたものが出回っているようですが、持てる者の喜びとしてはLPに勝るものはないでしょう。


※このレコード評は、旧き佳き時代とジャズへの想いを込めた音化店主:能登一夫の評文です。







サブコンテンツ

このページの先頭へ