「ジャズ・レコード評」の記事一覧(2 / 4ページ)

キャノンボール・アダレイ(CANNONBALL ADDERLEY)

キャノンボール・アダレイ(CANNONBALL ADDERLEY) の「イン・サンフランシスコ」(IN SAN FRANCISCO)、「キャノンボール・イン・ニューヨーク」(THE CANNONBALL ADDERLEY SEXTET IN NEW YORK)、「フィドラー・オン・ザ・ルーフ」(FIDDLER ON THE ROOF)、「ホワイ・アム・アイ・トゥリーテッド・ソー・バッド!」(WHY AM I TREATED SO BAD!)をご紹介。

キティ・カレン(KITTY KALLEN)

キティ・カレン(KITTY KALLEN)の「イフ・アイ・ギヴ・マイ・ハート・トゥ・ユー」(IF I GIVE MY HEART TO YOU)をご紹介。

ガトー・バルビエリ(GATO BARBIERI)

ガトー・バルビエリ(GATO BARBIERI)の「ルビー・ルビー」(RUBY,RUBY)をご紹介。

カウント・ベイシー(COUNT BASIE)

カウント・ベイシー(COUNT BASIE)ほかの「ベイシー/ベネット」(BASIE/BENNETT)、「イット・マイト・アズ・ウェル・ビー・スィング」(IT MIGHT AS WELL BE SWING)、「ベイシー&ズート」(BASIE & ZOOT)、「カウント・ベイシー・クラシックス」(COOUNT BASIE CLASSICS)、「ダンス・アロング・ウィズ・ベイシー」(DANCE ALONG WITH BASIE)、「ディス・タイム・バイ・ベイシー!」(THIS TIME BY BASIE!)、「プライム・タイム」(PRIME TIME)、「ベイシー・プレイズ・ヘフティ」(BASIE PLAYS HEFTI)、「シング・アロング・ウィズ・ベイシー」(SING ALONG WITH BASIE)をご紹介。

オスカー・ピーターソン(OSCAR PETERSON)

オスカー・ピーターソン(OSCAR PETERSON)の「イン・ア・ロマンティック・ムード」(IN A ROMANTIC MOOD)、「ウェスト・サイド・ストーリー」(WEST SIDE STORY)、「エロクエンス」(ELOQUENCE)、「プレイズ・ジョージ・ガーシュイン」(PLAYS GEORGE GERSHWIN)、「ロマンス」(ROMANCE)をご紹介。

オーネット・コールマン(ORNETTE COLEMAN)

オーネット・コールマン(ORNETTE COLEMAN)の「ディス・イズ・アワ・ミュージック」(THIS IS OUR MUSIC)をご紹介。

エロル・ガーナー(EROLL GARNER)

エロル・ガーナー(EROLL GARNER)の「コンサート・バイ・ザ・シー」(CONCERT BY THE SEA)をご紹介。

エルヴィン・ジョーンズ(ELVIN JONES)

エルヴィン・ジョーンズ(ELVIN JONES)の「ライブ・アット・ザ・ライトハウス」(LIVE AT THE LIGHTHOUSE)をご紹介。

エリック・ドルフィー(ERIC DOLPHY)

エリック・ドルフィー(ERIC DOLPHY)の「アイアン・マン」(IRON MAN)をご紹介。

エディ・クリーンヘッド・ビンソン(EDDIE “CLEANHEAD” VINSON)

エディ・クリーンヘッド・ビンソン(EDDIE “CLEANHEAD” VINSON)の「ライブ・アット・サンディーズ」(LIVE AT SANDY’S)をご紹介。

サブコンテンツ

このページの先頭へ